2006年01月18日

『レ・ミゼラブル』追記

本日日生劇場にて『ベカーズ・オペラ』観劇。久々にGSに座ったけど、実に見やすい。全体を見渡したいお芝居には、もってこいの席♪

ベガーズの感想はまた後日ということで、幕間にロビーで今後のお芝居の映像を流していたのだけど、当然『レ・ミゼラブル』の映像も流れた!まだ大阪での観劇が覚めやらない状態なので、いきなり頭の中はレミゼモード〜♪
映像では4人のバルジャンが次々に歌うのだが、こうして見るとやはり祐一郎さんは素晴らしい。映っている時間も一番長いのだけど、歌での説得力がダントツ。3月に中日に行く予定なので、山口さんのチケットも増やそうかな…。

別所さんバルジャンファンとしては、ファンティーヌを抱きしめようとして、戸惑っている姿があり、かなり嬉しかった。

しかしベガース長い…橋本さとしさんが裏主役と言うくらいの活躍で、新感線ファンとしてはちょっとニヤリでした。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。