2006年01月09日

新春浅草歌舞伎 夜の部 (着物の日バージョン)

毎年初芝居は浅草に早々に行くのだけど、今回は私と同行者の都合で8日に。結局私の初芝居もこの日になった。
初めての着物の日!事前に「着物でないと、却って浮きます」と言われてたので、もちろん着物にしたが、いや〜浅草着いて驚いた。客席の9割が着物なのでは?劇場の方も皆着物、洋服のお客さんには、着物を着ているように見えるよう、半纏のサービス。会場には着付け、お直しのサービスも有。ただ「着て、来場してください」的ではなく、実に楽しいイベントだった。

それにしても感慨深いのは、浅草公会堂の満員のお客さん。今のメンバーで新春浅草歌舞伎をはじめたときは、正月が過ぎるとかなり寂しい客席だった。だから何度も見に行ったものだ。千秋楽の挨拶で「またこのメンバーでやりたい。」と皆が言っていたのが印象的。(獅堂くんが涙ながらに「皆で健康ランドに行って楽しかった。」とか言ってたな〜。)
現在はチケットが売れて、おもしろかったから当日券でふらっと、なんて夢。まさに継続は力なり。関わった方々、あっぱれ。

続きを読む
posted by 花梨 at 02:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。