2005年12月22日

スーパー喜劇・狸御殿 新橋演舞場

スーパー喜劇・狸御殿 新橋演舞場 (←詳細はこちら)

途中まで書いておいた記事。再観劇してから更に感想を付け加えたかったのですが、どうにも時間が取れない&チケット無しで断念。うーん、残念。記憶が曖昧なところなど、ありましたら申し訳ないです。

当初“スーパー喜劇”というキャッチフレーズを聞いた途端、澤瀉屋ファンの私はいっきりひいてしまった。直美さんが猿之助さんの大ファンというのはよく知られた話だけど、何で今さら狸御殿?スーパー喜劇って何?、チケット売れるの?と、かなり上演前はマイナス思考でした。

それが松竹座の評判がとても良い。チケットも売れている。お客もたたくさん入っている。友達もみな誉めている。
期待と不安の中、ようやく12月に入って演舞場へ。いや〜!おもしろかった!

年齢問わず、誰でも難しいことを考えずに、気軽に楽しめるお芝居。しかも役者も上手い、作りもしっかりしている、内容も魅力的という条件を満たす芝居は、実はなかなか少ないのかも。(演舞場だと正和様の芝居などが、その要素を満たしていると思う。)

特に感心したのは、普通のお芝居の中に歌舞伎のエッセンスをきちんと取り込んでいるというところ。これがただ「取り入れました」というのでは無く、きちんと歌舞伎を踏まえたうえで、この芝居の一部として機能している。
これは本当に長年スーパー歌舞伎等を行っている、一門の人たちの手柄でしょう。ここ数年、歌舞伎以外のフィールドから来た演出家の作品がヒットしている。もちろん私も好きな作品もある。ただ「歌舞伎の手法」を効果的に取り入れるという点では、残念ながら劣っている。こればかりは澤瀉屋一門のやってきたことを、見習って欲しいです。

澤瀉屋ファンとして嬉しかったのは、過去の猿之助さんの代表的な演目のパロディが、色々と盛り込まれていたこと。これは歌舞伎好きな人から「ニヤリ」ときます。こういう所のオタ心のくすぐり方も、実に上手く出来ていた芝居でした。

続きを読む(以下は辛口含む)
posted by 花梨 at 22:42| Comment(5) | TrackBack(4) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。