2005年12月17日

エビ大王  青山劇場

エビ大王  青山劇場
洪元基による韓国の戯曲。2002年にソウル芸術祭で「作品賞」「戯曲賞」を受賞した作品。

渋谷劇場三箇所詣第一弾。余り予備知識もなく見に行く。(最初ちらし見た時ギャクがと思ったし)ギリシャ悲劇、韓国版かと思うような内容。2時間15分、飽きることなく突っ走った。

絶対的なエビ大王、しかしその王には娘しかいない。息子を渇望するが、来世よりの使者が迎えに来る。息子を授かるまでは命を長らえさすことを約束するが、代わりに毎日大量の民衆が死ぬ。息子を得る鍵になっているのは、王が川に捨てた最後の娘、パリテギ。

脚本は少々荒い部分も多いし、分断された国家とかが前面に出てくると、やはり私はちょっと苦手意識が出てしまう。ただそれでもスケールが大きくて、パワーのある脚本でした。
膨大な台詞劇。日本でもこういう脚本が新作で出来て欲しい。

続きを読む(かなりネタバレ有)
posted by 花梨 at 21:56| Comment(6) | TrackBack(1) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。