2005年12月10日

『ジキル&ハイド』

『ジキル&ハイド』 日生劇場 

演出=山田和也、ジキル(ハイド)=鹿賀丈史
ルーシー=マルシア、エマ=鈴木蘭々、アターソン=石川禅、ダンヴァース=浜畑賢吉、大須賀ひでき、林アキラ、丸山博一、宮川浩、荒井洸子、有希九美、他。

ジキル&ハイドといえば、一度は耳にしたことのある、有名な物語。そのミュージカル版で日本では三度目の上演。私は今回が初めての観劇。
いや〜!無茶苦茶おもしろかったっっっ!!!今まで見てなかったことを大後悔。素晴らしい!余りに良かったので、早々に再観劇を決意。

主演の鹿賀さんは圧巻。冒頭からお客さんをぐっと惹きつけている。ジキルとハイドの演じわけ、切り替わり、ジキルの苦悩、凄い、凄すぎる。ただ手を伸ばすだけ、それも別人間になっている。
鹿賀さんの歌が好きなのは、ちゃんと演技している歌であるとうこと。もちろん佇まいとか、演技あってのものだけど。『レ・ミゼラブル』のSPバージョンの時も感じたけど、鹿賀ジャベールが冒頭登場しただけで、劇場の温度がすっと下がったように感じるくらいの佇まいをもっていた。やはり鹿賀さんは凄い。

鹿賀さん以外で私の一押しは、ジョン・アターソンの石川禅さん。鹿賀さんの癖のある演技に対して、すっきりした芝居。でも存在感ありで、人柄をしっかりと表現していた。
あとはアンサンブルの方々がみな素晴らしい!大須賀さん、林アキラさん、宮川さんなどのベテラン勢に加え、注目は新聞売りの阿部よしつぐさん。美声に聞きほれました。

絶対にもう一度見ます。見たらまた感想書きます。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:56| Comment(9) | TrackBack(5) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。