2005年11月12日

児雷也豪傑譚話(じらいやごうけつものがたり) 新橋演舞場

児雷也豪傑譚話(じらいやごうけつものがたり) 新橋演舞場

私は澤瀉オタなので、「ケレン」とか「復活」のつく歌舞伎には、かなり点が辛いのだけど、この芝居は楽しかった!
以前に音羽屋さんの復活通し狂言ものを国立で見て、もの凄くつまらなくて(しかも同じ題材を猿之助さんがやってた)、以来通常の古典は好きだけど、「ケレン」とか「復活」は向いてないよ、菊五郎さんと思っていたのだけど、いやー、おもしろかった。

あと私はこの芝居、スーパー歌舞伎っぽいとは全然思わなかったです。猿之助十八番の復活通し狂言もので使われた手法を、上手く取り入れて、音羽屋風にアレンジしたなと思える部分の方が強く感じた。そして古典歌舞伎のあの部分、あの筋?と思われる部分等もありました。

私の感想はどうしても演出中心になってしまうけど…。

続きを読む(ネタバレ有)
posted by 花梨 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(2) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。