2005年11月06日

坂東玉三郎八千代座舞踊公演

昔ながらの芝居小屋に一度行きたいと思いつつ、なかなか機会も無かったのですが、今回は澤瀉屋の若手も出演!ということで、もう二度と行く機会も無いだろうから、思い切って行って来ました。
結果、また行きたい(苦笑)。そのくらい山鹿は良いところだったのですよ〜。

『坂東玉三郎八千代座舞踊公演』

一、「船辧慶」ふなべんけい

二、「阿国歌舞伎夢華」おくにかぶきゆめのはなやぎ


熊本からのバスを降りて、豊前街道をずんずん歩く。この道が風情があって良い。ちなみに山鹿には電柱はありません。全部地下だそうです。
八千代座は真ん中に桝席、左右に桟敷、2階席も有。自分は枡席だったのですが、2階からの風景はどんななのでしょう。立ち見?らしき人もいて、客席はギッシリでした。
枡席には赤い座布団がひいてあり、そこに座席番号が書いてあります。おもしろい。
天井には昔の商店の宣伝バネルがぎっしり埋め込まれています。そして花道、近い!近すぎ!

山鹿の町は米で潤ってたそうです。その町のお金持ちの方々が集まって作ったのが八千代座。天井には当時の面影があります。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:18| Comment(6) | TrackBack(2) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう一度舞台が観たかった

歌手・女優の本田美奈子さん死去 (@nifty シアターフォーラムより)

片付けをしながらテレビを見てて、このニュースを知り、驚きました。
キムを観てないのが心残り。もう一度美奈子さん舞台が観たかったです。ご冥福をお祈りします。

続きを読む
posted by 花梨 at 15:55| Comment(2) | TrackBack(2) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。