2005年10月30日

『サラ』 サンシャイン劇場

「サラ」追想で綴る女優サラ・ベルナールの一生 サンシャイン劇場
出演 麻実れい/金田龍之介
作 ジョン・マレル/演出 宮田恵子/装置 松井るみ/照明 沢田祐二/照明 沢田祐二

今回スタッフの名前も書いたのは、余りに素晴らしい仕事に感激したからです。もちろん他に見た芝居のスタッフも素晴らしいと感じた方はたくさんいました。でもこれは「二人芝居」、本当に色々な面でスタッフの力が重要だし、どうしても目もいきやすい。
名前のわかる方だけ書いたけど、例えば小道具ひとつ取っても、素晴らしいお仕事を皆さんされていました。
もちろん麻実れい&金田龍之介のお二人が素晴らしいのは、言うまでもありません。

『カルテット』の記事でも書いたけど、二人芝居はやはり役者の力量を信用した、シンプルな芝居というのが正解です。下手な小細工はいりません。
(鈴木勝秀さんの他芝居での演出が好きだっただけに、今だに「THE LAST 5 YEARS」の演出は引っかかります。)

装置はどちらかといえばゴージャスなんだけど、退廃的な雰囲気の芝居世界を実に上手く表現している。セット転換は全く無いし。あと小道具が凝っている。青い花柄のノートや、ペン、メイクボックスなどがいちいち素敵。衣装も良い。アルフォンス・ミュシャの世界から抜け出してきたようだ。
時間の経過をこれだけで表現した照明が、私は一番お気に入り。役者の台詞を聞かなくても、今が夕方とか、朝とか判るし、綺麗な装置や衣装を引き立てている。

主演の二人にはもう素晴らしいとしか言いようが無い。たった二人で上演時間2時間15分(休憩15分)、全く飽きさせない力量は凄い。カーテンコールでも役のままで、召使のピトゥと主人のサラ。凄くその姿が愛らしく、二度目のカーテンコールで二人が抱擁した時は、とても暖かい気持ちで拍手を送った。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:15| Comment(3) | TrackBack(1) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。