2005年10月26日

遠征しました 『吉原御免状』 梅田芸術劇場

結局大阪まで『吉原御免状』を見に行きました!東京初日を一緒に観劇した大阪の友人に会ったら、「初日とはえらいテンションがちゃう。」と笑われた〜。
梅田芸術劇場青山劇場だと、舞台のサイズは梅田の方が広いのかな?実は青山で見たとき、もう少し広い舞台で見たいな〜と思ったのだが、梅田は実にその辺り非常に満足でした。(ステージサイズ、ちょっと調べたけど不明…。いい加減でゴメンナサイ。)
新感線、というかいのうえさんの演出はどんどんエンターティメント色が強くなっているから、お金かけて、派手に、やって欲しい。今、広い劇空間を効果的に使える演出家がどのくらいいる?(昔だったら猿之助さん!と大声で言えたのだけど。)

この日は大阪に行ったら必ず行く、軍鶏次郎へ、と思ったら行き過ぎて本店に行ってしまった。何度行っても阪急東通り商店街はよく判らないです。

感想は東京公演で言い尽くした感があるかなぁ。この辺りに感想があります。
そだ、御免状、大阪でもう一度確認したけど、やはり血がついているのね。そういう細かい拘りが好きだわ。

2005年10月03日 『吉原御免状』自分の感想を否定してみる

2005年10月05日 吉原御免状・私的ツボ1

2005年10月09日 吉原御免状・私的ツボ2


最後にちょっと残念だった部分。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。