2005年10月19日

『天保十二年のシェイクスピア』 その2

自分が行き損ねた国立に家人が行ってきた。かなりボロボロの感想でした。構成と演出が良くないみたいで、猿之助さん呼んでこーい状態とか。うーん、どんなものか見たかったが、風邪引いている人間にあの長丁場は無理らしい。
風邪は少しは治ったかな?週末までには治したいな。とりあえず今日は天保の続きを書けるところまで書いてみる。

最初に観劇した時は二階最前列、二度目は一階かなり前方、通路際という、まさに芝居の臨場感を味わえる席で見ました。まぁ当然だけど二度目の方が席が近いし、全然良かった。ただそれにしても伝わってくるものの差がこれほどあるのに驚いた。もしかしたらそれも演出の意識なのかもしれない。

その1の感想で、転換と音楽について、書いたが、あのドタバタした転換とか、安っぽい音楽とか、多分今回は芝居全体が戯曲の生まれた年に忠実に、アングラっぽいものを狙ったのでしないだろうか?大劇場、エンターティメントへの否定というか。
衣装にしても、私は今回の衣装凄く好き。裏地や裾廻しの色あわせにとても凝っている。ただこれも前で見ないと判らない。二階で見たら「地味な衣装だな〜」になってしまう。

ギリギリコクーンが許せる範囲なのかもしれない。正直コクーンでも広すぎる。もっと狭い空間の方が、より脚本の魅力、演出の魅力が生きた気がする。
本当にいのうえ演出版と対照的。

役者さんで良かったのは、何といっても木場さん。凄い存在感だった。影の主役と言いたい。
勝村さんもストレートに幕兵衛を演じてて素晴らしいが、残念なのはお里の夏木マリさんとのコンピのバランスが悪いこと。
それも二幕のおもしろさを損ねた原因のひとつだと思う。
一幕を引っ張ったのはやはり藤原くん。いやいやホント上手いね!途中の女形の所作が非常に上手くて、パンフによれば菊之助くんに
教わったとのこと。『吉原御免状』もだけど、こういう細かい所でしっかり手を抜かないのが、上質な芝居の条件だと思う。

その3はあるのかな?
posted by 花梨 at 23:34| Comment(8) | TrackBack(1) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。