2005年10月05日

吉原御免状・私的ツボ1

『吉原御免状』東京公演を無理矢理もう一回みたよ!
とにかくいのうえさんの演出が良い。そして主演の堤さんが魅力的。

しつこい程言うが、あの廻り舞台の使い方の美しさ。転換の見事さ。音楽の使い方。転換の間に挟みこまれる場面。もうもう脱帽である。
堤さんがこんなに美しさを表現出来るとは。野獣郎を見返したが、全然違ぞ!今回は着流しでの殺陣が多いから、それだけ大変だったと思う。しかし腰を落として、刀を構えた時の形の美しさ。着物の裾から見える、鍛え上げた太ももが実にセクシー。

廻り舞台中央の急勾配の坂。あの坂を使い、舞台を廻しながら、ハードな立ち廻りを繰り広げた堤さん、古田さんはじめ、役者さん一同は素晴らしい。
(逆木さんが怪我をしたようで心配。)

それに所作が皆さん綺麗!特に高尾を演じた京野ことみちゃんの頑張りは凄い。あの坂を、高下駄で八文字で歩いたのは驚いた。しかも一ヶ月の公演期間中に、どんどん所作が綺麗になっていた。
こういう所をキッチリ表現出来るかどうかで、芝居の厚みが決まると思う。

さて思いつくままに、私的ツボを挙げてみる。

続きを読む(ネタバレ有)
posted by 花梨 at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。