2005年10月31日

10月みた歌舞伎

記憶がかなり薄くなっておりますが、とりあえずメモ程度に残します。

『貞操花鳥羽恋塚』 社会人のための歌舞伎入門 国立劇場
風邪でチケットを無駄にしたが、「社会人のための歌舞伎入門」には行ってきました。 

芸術祭十月大歌舞伎『加賀見山旧錦絵』
こちらは観劇したのが前半なので、とにかく記憶薄いです。

続きを読む
posted by 花梨 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

『サラ』 サンシャイン劇場

「サラ」追想で綴る女優サラ・ベルナールの一生 サンシャイン劇場
出演 麻実れい/金田龍之介
作 ジョン・マレル/演出 宮田恵子/装置 松井るみ/照明 沢田祐二/照明 沢田祐二

今回スタッフの名前も書いたのは、余りに素晴らしい仕事に感激したからです。もちろん他に見た芝居のスタッフも素晴らしいと感じた方はたくさんいました。でもこれは「二人芝居」、本当に色々な面でスタッフの力が重要だし、どうしても目もいきやすい。
名前のわかる方だけ書いたけど、例えば小道具ひとつ取っても、素晴らしいお仕事を皆さんされていました。
もちろん麻実れい&金田龍之介のお二人が素晴らしいのは、言うまでもありません。

『カルテット』の記事でも書いたけど、二人芝居はやはり役者の力量を信用した、シンプルな芝居というのが正解です。下手な小細工はいりません。
(鈴木勝秀さんの他芝居での演出が好きだっただけに、今だに「THE LAST 5 YEARS」の演出は引っかかります。)

装置はどちらかといえばゴージャスなんだけど、退廃的な雰囲気の芝居世界を実に上手く表現している。セット転換は全く無いし。あと小道具が凝っている。青い花柄のノートや、ペン、メイクボックスなどがいちいち素敵。衣装も良い。アルフォンス・ミュシャの世界から抜け出してきたようだ。
時間の経過をこれだけで表現した照明が、私は一番お気に入り。役者の台詞を聞かなくても、今が夕方とか、朝とか判るし、綺麗な装置や衣装を引き立てている。

主演の二人にはもう素晴らしいとしか言いようが無い。たった二人で上演時間2時間15分(休憩15分)、全く飽きさせない力量は凄い。カーテンコールでも役のままで、召使のピトゥと主人のサラ。凄くその姿が愛らしく、二度目のカーテンコールで二人が抱擁した時は、とても暖かい気持ちで拍手を送った。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:15| Comment(3) | TrackBack(1) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

10月のボロボロな自分

仕事が忙しい時に限って風邪をひく自分…。そして我が家の愛犬まで調子を崩した。11月の観劇&観光旅行は家人と共になのだが、高齢の我が家の犬、ついに預かって貰えなくなってしまった。でもやはり犬が大事だ。
そんなこんなで飛行機の予定を変更したり、色々手配したりで、すっかりくたびれてしまった…。いや、旅行の手配したり、調べたり等は全然苦にならない人なのですがね。

気がつくと10月の感想をまだ書いていない。なので自分を戒める意味でも、書こうとしていた項目だけでも書いておく。

最近は朝ドラみて、別所哲也@青木課長にぼーっとしている日々だわ…。

続きを読む
posted by 花梨 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

愛之助さんの榎本武揚

大阪の軍鶏本店で飲んだあと、酔っ払いながらホテルに帰ったら、『風のハルカ』のプレマップでベッシー目撃!きゃーきゃー言いながら見てました。
しかしその後その時間東京では『新選組!!〜土方歳三最期の一日』のブレマップを放送していたことが判明。プチショック…。でもメゲずにプレマップ放送時間チェックして見ましたよ!

榎本武揚役の愛之助さん、無茶苦茶格好良いのですが…。
愛之助さんというと、もちろん歌舞伎の舞台では何度も見てるし、あとTVでは『夜桜お染』に出てましたが、あの洋装で髭の姿があんなに似合うと思わなかった!いや〜NHKの衣装さん&床山さん、素晴らしい仕事してます。
歌舞伎ファンの方、要チェックです!
posted by 花梨 at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

遠征しました 『吉原御免状』 梅田芸術劇場

結局大阪まで『吉原御免状』を見に行きました!東京初日を一緒に観劇した大阪の友人に会ったら、「初日とはえらいテンションがちゃう。」と笑われた〜。
梅田芸術劇場青山劇場だと、舞台のサイズは梅田の方が広いのかな?実は青山で見たとき、もう少し広い舞台で見たいな〜と思ったのだが、梅田は実にその辺り非常に満足でした。(ステージサイズ、ちょっと調べたけど不明…。いい加減でゴメンナサイ。)
新感線、というかいのうえさんの演出はどんどんエンターティメント色が強くなっているから、お金かけて、派手に、やって欲しい。今、広い劇空間を効果的に使える演出家がどのくらいいる?(昔だったら猿之助さん!と大声で言えたのだけど。)

この日は大阪に行ったら必ず行く、軍鶏次郎へ、と思ったら行き過ぎて本店に行ってしまった。何度行っても阪急東通り商店街はよく判らないです。

感想は東京公演で言い尽くした感があるかなぁ。この辺りに感想があります。
そだ、御免状、大阪でもう一度確認したけど、やはり血がついているのね。そういう細かい拘りが好きだわ。

2005年10月03日 『吉原御免状』自分の感想を否定してみる

2005年10月05日 吉原御免状・私的ツボ1

2005年10月09日 吉原御免状・私的ツボ2


最後にちょっと残念だった部分。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

別所さん@スタジオパークでナイン&レミゼの映像が!

先日別所哲也さんがNHKのスタジオパークに出演されました。話の中心は『風のハルカ』(毎日見てる。おもしろい。)だけど、結構多岐に渡る話題が出て、ビギナーベッシーファンとしては大満足でした。それに何といっても舞台の映像が出たのが嬉しい〜!

まずは何といっても「レ・ミゼラブル」から「彼を帰して」。ベッシーバルは初見の時に、とにかく年とって出てきた時の老けっぷりで一気に「おちた」ので、年寄り映像が出て嬉しかった!リトルコゼットになって、ぐるぐるされたいというお手紙が来ていたけど、全く同意!!あのリトルコゼットに対する愛情、ぐるぐるしたあとにおどけたようによろける所とか、もうもうツボ。
バリケードで見せる学生たち、そしてマリウスに対しての愛情とか、ホント大好きなんだよな〜。

『ナイン THE MUSICAL』もたっぷり紹介!これはまさか映像が出るとは思いもしなかったので嬉しかったなぁ。
オープニングの女性たちに囲まれるグイド。ホント女性陣が個性的でみな綺麗。やっぱり曲良いよな〜。
それに「Grand Canal」!しかも歌の部分ではなく、ルイザとの決裂に繋がる言い争いの場面。感動が蘇って涙が出たよ。

『ナイン』は正直最初みた時、肝心のグイドの別所さんと妻・ルイザ役の高橋桂さんが、もう一歩?という感じだったのですが、それでもベッシー好きだし、他の女優さんたちが素敵だし、何よりも作品そのものに惹かれまくってしまったので通いまくるうち、二人の芝居がどんどんヒートアップして、東京公演後半は後半ボロ泣きでした。
スタジオパークでは演出のルヴォー氏とベッシーの2ショット写真も紹介。またルヴォー演出の作品が見たいなぁ…。

すっかりベッシー熱、ナイン熱再燃のスタジオパークでした。(でもベッシー関西弁はびみょーだよ…。)
posted by 花梨 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

吉原&M!遠征より帰宅

大阪で「吉原御免状」を観て、名古屋で 「モーツァルト!」(中川ヴォルフ) を観てきました。留守にしている間に、コメントとかトラックパック等頂きありがとうございます黒ハート
激眠なので明日コメント返します。済みません…。

吉原は川原さん右手怪我された?傘持ちが粟根さんと交代してました。あの美しい傘の持ち方が見られず残念。でも刀を左手で持って立ち廻りをしていたのは脱帽…。

中日劇場では来年のラインナップのちらしが出てました。帰宅して調べたらHPにも載ってました。

5月7日〜28日 
二十一世紀歌舞伎組「雪之丞変化2006」
posted by 花梨 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

山利喜の前菜

先週また山利喜に行きました。そしてその後風邪でダウンしました。

yama1.JPG
こちらは鶏レバのテリーヌ。

yama2.JPG
こちらは今週の前菜6点盛。

非常にワインに合う。私は普段ワインは余り飲まないのだけど、ここに来るとついつい飲んでしまう。だっておいしいんだもん。

posted by 花梨 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・酒・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

藤山直美さん@スタジオパーク

藤山直美さんが明日、NHKのスタジオパークに出ます!

10/21(金)13:00-13:59
NHK総合「スタジオパークからこんにちは」


2006年の朝ドラ絡みにしては早すぎだし、NHKの予告を見る限りでは『狸御殿』の話もやるっぽい?お稽古風景など、出ることを期待。

書き忘れた。
土曜スタジオパーク10/29のゲストは真矢みきさんだ。ベッシーが映ることを期待じゃ。
posted by 花梨 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

『天保十二年のシェイクスピア』 その2

自分が行き損ねた国立に家人が行ってきた。かなりボロボロの感想でした。構成と演出が良くないみたいで、猿之助さん呼んでこーい状態とか。うーん、どんなものか見たかったが、風邪引いている人間にあの長丁場は無理らしい。
風邪は少しは治ったかな?週末までには治したいな。とりあえず今日は天保の続きを書けるところまで書いてみる。

最初に観劇した時は二階最前列、二度目は一階かなり前方、通路際という、まさに芝居の臨場感を味わえる席で見ました。まぁ当然だけど二度目の方が席が近いし、全然良かった。ただそれにしても伝わってくるものの差がこれほどあるのに驚いた。もしかしたらそれも演出の意識なのかもしれない。

その1の感想で、転換と音楽について、書いたが、あのドタバタした転換とか、安っぽい音楽とか、多分今回は芝居全体が戯曲の生まれた年に忠実に、アングラっぽいものを狙ったのでしないだろうか?大劇場、エンターティメントへの否定というか。
衣装にしても、私は今回の衣装凄く好き。裏地や裾廻しの色あわせにとても凝っている。ただこれも前で見ないと判らない。二階で見たら「地味な衣装だな〜」になってしまう。

ギリギリコクーンが許せる範囲なのかもしれない。正直コクーンでも広すぎる。もっと狭い空間の方が、より脚本の魅力、演出の魅力が生きた気がする。
本当にいのうえ演出版と対照的。

役者さんで良かったのは、何といっても木場さん。凄い存在感だった。影の主役と言いたい。
勝村さんもストレートに幕兵衛を演じてて素晴らしいが、残念なのはお里の夏木マリさんとのコンピのバランスが悪いこと。
それも二幕のおもしろさを損ねた原因のひとつだと思う。
一幕を引っ張ったのはやはり藤原くん。いやいやホント上手いね!途中の女形の所作が非常に上手くて、パンフによれば菊之助くんに
教わったとのこと。『吉原御免状』もだけど、こういう細かい所でしっかり手を抜かないのが、上質な芝居の条件だと思う。

その3はあるのかな?
posted by 花梨 at 23:34| Comment(8) | TrackBack(1) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

歌舞伎に行かれない

本日午後4時5分頃、関東地方で強い地震があった。その時私は家で寝ていた。(飛び起きて窓開けたけど。)
本来なら国立劇場にいる筈でしたが、風邪で断念。恐らくもう行かれないだろうな〜。今月は歌舞伎座昼に行ったのみ。再観劇したらこちらも感想upと思っていましたが、こちらももう再観劇は無理っぽい。(菊十郎さんがともてもとて良かった。)

7月も地震があったが、私は幸いにも(あれだけ劇場通いをしていたのに)家にいた。国立や歌舞伎座、演舞場にいた友人たちは大変だったようだ。

天保の感想も、蜷川さんが意識的にアングラっぽい手法を使ったのかな、という点を書きたかったが(チープな音楽もそれなら納得)、とりあえず当分お預けにします。スミマセン。ブログ巡りもしたいのだけど〜。
posted by 花梨 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

吉原御免状 大阪公演 逆木さん降板

詳細は新感線オフィシャルサイト

東京公演で足を負傷された逆木さん、大阪は降板だそうで。大阪も行く予定なのですが残念です。実際東京公演残り数日、よく乗り切ったな、というくらい痛々しい姿でした。じっくりと治して頂きたい、としか言えないです。

新感線の舞台ってホント危険要素いっぱい。怪我一歩手前みたいなのは何度か目撃しました。
一番衝撃だったのが阿修羅@大阪。染ちゃんすっぽんに雪駄挟むでした。多分見えない所で皆さん大変なのでしょうね。
とにかく楽まで何のアクシデントもありませんように。

10/14夜追記:ちょっと体調不良により、記事の更新を2、3日お休みします。天保の続きはまたあとで。スミマセン。
posted by 花梨 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

別所さん@スタジオパーク

わーい!別所さんがNHKのスタジオパークに出るぞ!

10/24(月)13:00-13:59
NHK総合「スタジオパークからこんにちは」生出演


観覧に行きたい!でも仕事だ〜。
もちろん朝ドラ『風のハルカ』絡みの出演だろうけど、舞台の模様とかもちょっとは映るかと期待。

そういえば先日土曜スタジオパークにヒロイン・村川絵梨さんが出演したとき、別所さんがおもしろいといったような発言してたけど、一体どうおもしろいのだろう?

posted by 花梨 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

『天保十二年のシェイクスピア』 その1

『天保十二年のシェイクスピア』 蜷川演出 シアターコクーン 

『天保十二年のシェイクスピア』の感想を書こうと思いつつ、なかなか進まない。
おもしろかったのだけど、正直スッキリしない部分も多々ある。所詮私がいのうえ演出・岡崎司音楽の大ファンだというのもあるのだろうけど。

歌舞伎版『十二夜』の時も思ったのだけど、「戯曲に忠実に芝居を作ることに価値を見出す」ということに、重きを置きすぎていないだろけうか?『十二夜』はそこに重点を置くあまり、前半が非常に退屈だった。
『天保十二年のシェイクスピア』については、決してその点は退屈ではない。だが「忠実」が評価のポイントというのは、どうも私は好きではない。
芝居は戯作者のものではない。私たち、チケット代を支払った観客のものである。観客は下手すればシェイクスピアを一作品も知らずに来ていたりもするだろから。

蜷川版は確かにおもしろい。ただ同行した人間が揃いも揃って二幕より一幕が良かったと言う。二幕になり三世次が中心となると、そのドラマにどうしても物足りなさを感じてしまうらしい。

蜷川版でひっかかる点。結局初観劇と余り変わらないのだが(苦笑)

◆ 三世次が弱い
◆ 転換がウザい
◆ 音楽がチープ (しかも演奏がカラオケの安テープみたい)

続きを読む(ちょっとだけ追記)
posted by 花梨 at 23:24| Comment(7) | TrackBack(3) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

ゲキ×シネ『SHIROH』 大阪決定!

ゲキ×シネ第3弾「SHIROH」
場所:梅田ブルク7
2005年 11/12(土)〜11/23(祝・水) ※11/19(土)は休映
上映開始 19:10 (210分 途中休憩あり)
チケット/前売¥2,000 当日¥2,500(税込)
10月下旬 電子チケットぴあ/イープラスにて発売予定

狸御殿遠征をする友人は、もちろんゲキシネも見るらしい。私ももう一度、大画面で見たいな〜。DVDも副音声とか聞けて楽しいのだけどね。

副音声について追記
posted by 花梨 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

吉原御免状・私的ツボ2

『SHIROH』DVDのエラーは何故か解消されました。原因はよく判らず。まぁ今はちゃんと見られるから全然オーケーです。

「吉原御免状・私的ツボ1」の記事で書いた、勝山の道中の傘はやはり川原さんの模様。傘の角度、持っている手、背中などなど絶品です。

今回の『吉原御免状』は凄く正攻法で挑んでいる。そこで基本である所作をキッチリ魅せてくれているというのが、何とも嬉しい。
余りに舞台版『吉原御免状』が素晴らしかったので、もし今後映像化することになったら大変であろう。
隆慶一郎氏の小説は何度か映像化されているが、正直びみょ〜だったし。
ところで『鬼麿斬人剣』を古田さんで舞台化して欲しいと、密かに思ってます。

『鬼麿斬人剣』は1995年に赤井英和主演でテレビ化されています。萬屋錦之介が清麿を演じてた。
ところで当時のキャストを調べててびっくり。
「たけ/山崎裕太」
えええええ〜!あの子役が!ビデオもう残ってないよ!

ではツボ続き(ネタバレ有)

続きを読む
posted by 花梨 at 01:25| Comment(4) | TrackBack(2) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

『SHIROH』DVDが届いた!

『SHIROH』DVDが昨日届いた。だがこういう時に限って仕事が忙しく、早く帰れない(泣)
何とかパソコンに向かう時間も惜しんで、見ておりますが、なかなか進まず。また夜中にゆっくりと見よう。

でも特典映像とおまけは見たよ!最近の新感線のDVDはこれが楽しいです。「東京・大阪千秋楽」の模様とか、貴重な映像で凄く楽しいです。
yopikoさんのブログにすごーく詳しいレポが載ってます♪(勝手に紹介して済みません。)

ただ私のDVDはどうも不良品らしい?いきなり止まって、次の場まですっ飛んだ箇所があった。何度試してもダメ。パソコンでも、プレイヤーでもダメ。とりあえず全部見て、他にもおかしな点が無いか、チェックしよう。
(副音声バージョンで再度見てたら平気っぽい。もう一度見直してみよう。)

続きを読む
posted by 花梨 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

吉原御免状・私的ツボ1

『吉原御免状』東京公演を無理矢理もう一回みたよ!
とにかくいのうえさんの演出が良い。そして主演の堤さんが魅力的。

しつこい程言うが、あの廻り舞台の使い方の美しさ。転換の見事さ。音楽の使い方。転換の間に挟みこまれる場面。もうもう脱帽である。
堤さんがこんなに美しさを表現出来るとは。野獣郎を見返したが、全然違ぞ!今回は着流しでの殺陣が多いから、それだけ大変だったと思う。しかし腰を落として、刀を構えた時の形の美しさ。着物の裾から見える、鍛え上げた太ももが実にセクシー。

廻り舞台中央の急勾配の坂。あの坂を使い、舞台を廻しながら、ハードな立ち廻りを繰り広げた堤さん、古田さんはじめ、役者さん一同は素晴らしい。
(逆木さんが怪我をしたようで心配。)

それに所作が皆さん綺麗!特に高尾を演じた京野ことみちゃんの頑張りは凄い。あの坂を、高下駄で八文字で歩いたのは驚いた。しかも一ヶ月の公演期間中に、どんどん所作が綺麗になっていた。
こういう所をキッチリ表現出来るかどうかで、芝居の厚みが決まると思う。

さて思いつくままに、私的ツボを挙げてみる。

続きを読む(ネタバレ有)
posted by 花梨 at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

『吉原御免状』自分の感想を否定してみる

もう『吉原御免状』の初日に書いた自分の感想にゴメンナサイって感じです。
アカドクロの時の初日・びわ湖のがっかり度に比べれば全然OKな初日だったけど、それにしても進化しすぎ!再観劇でここまで絶賛出来るのが、本当に嬉しい。もしかすると東京公演をあと一回見られるかもしれない。ああ、嬉しい!

初日に否定的に書いた部分を思いっきり訂正。

芝居のエロ部分→露骨すぎず、美しく、エロちっくで、とても良かったです。
蜷川版天保みたいに、爆乳出してモロに、というのにうんざりだったし(2回はしつこい)、本当にドキドキしました。

笑い抑え目→初日に無理して笑いを禁じ手にしてるようにみえると書いたが、これも訂正。
笑いがどうとか、そんなことどうでも良かった。そのくらい夢中で見てました。

古田さんの義仙→すっごく悪でした。迫力に溢れてました。やはり私はこの方のファンです。

劇団員→こちらも大謝りだ。皆さんとっても良かったです。特にカナコさん、哀愁があり、素敵でした。

続きを読む(ネタバレ有)
posted by 花梨 at 01:05| Comment(6) | TrackBack(1) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

吉原御免状&天保十二年のシェイクスピア、再観劇

この秋の演劇界の注目の二作品、吉原御免状&天保十二年のシェイクスピア。再観劇してまいりました。
席は吉原が一度目は前、二度目は一階ほぼ中央あたり、天保は一度目は二階最前、二度目は前方と、全く逆のパターンでした。

天保は正直前で見ないと、良さがかなり損なわれるな、という感じ。コクーンですら広すぎるかも。前で見た方が断然おもしろかった。
吉原は常にエンターティメントに徹したいのうえ演出の賜物か。後ろで見ても凄く良かった…というか無茶苦茶良かったのですが!初日とはうってかわって、大絶賛しますよ!あー、おもしろかった。

読売新聞に劇評が出てます。かなり誉め誉め。

吉原御免状-娯楽性熟知した作・演出(読売新聞)
(2005年9月28日 読売新聞)

「吉原御免状」には「かくれさと苦界行」という続編がありますが、私もぜひぜひ続編舞台化して欲しいです。

それにしても今いのうえさんの演出って、のりにのっている感じ。歌舞伎以外で、あんなに格好良く廻り舞台を使っている舞台を、私ははじめて見ました。
ああ、大阪行きたい。大阪で観劇したい。今からチケ確保出きるかしら…。

ちょっと本日はかなり眠いので、詳しい感想はまた今度。天保も別途書きます。
posted by 花梨 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。