2005年09月30日

芝居バカの季節は終わり

tptの『カルテット』が素晴らしかったので、再観劇を企んでいたが、東京芸術劇場で何故か足を捻挫したり、仕事が忙しかったりと断念。そんな芝居バカの夏(一応9月も残暑、ということで)も終わる。感想を書きそびれた芝居もあったなぁ。
秋は芸術の季節だが、私は案外確保済のチケットは少ない。仕事もこの時期は多忙だし、その後は芝居バカの冬がやってくるので、ちょっと大人しくしていようかな。

阪神タイガースが優勝した。前回優勝したときは本当に大変だった。いや、自分は大変ではなかったけど、友人が大変だった。何が大変だったかと言うと、その日、松竹座で「阿修羅城の瞳」を観劇していたのである。

松竹座に行ったことがある人にはいまさらだが、あの劇場は凄いところにります。ニュースで散々出た、かに道楽の斜め向い、優勝の日に休業してしまったampmはまさに隣り。

劇場にいた人はとんでもないことになっていたそうだ。
私は家で暢気にビールを飲みながら、テレビで優勝の様子を見てたが、ふと心配になり友人の携帯に連絡。当然繋がらない。ようやく繋がって様子を聞いてびっくり。正面入り口からは当然出られず、裏から従業員用の出口を通ったそうである。
いやいや、お疲れさまでした。
posted by 花梨 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。