2005年09月25日

『天保十二年のシェイクスピア』ちょっと余談

『天保十二年のシェイクスピア』余談
余りにも記事が長いので、余談の部分のみ分ける。

気になっていること。
「E!oshibai」のいのうえ版『天保十二年のシェイクスピア』、予告編がいつの間にか無くなった。何故???

余談1:いのうえ版、効果音も全て生だそうで。笛の音(二幕で茂平太がお冬の体を表現する時に注目)は何と高橋ヨシロウさんが、生で笛吹いてたそうです。
あ、お冬は、チラリズムのが私は好きかも。

余談2:DVD副音声によると、上川さん歌うのに大変抵抗があったそうです。舞台で歌うの初だったとか。それが数年後に『SHIROH』…。

余談3:久々にDVDみたが、西牟田さんかっちょいい〜!夏木マリさんも良かったな。お里は良いね。

余談4:昨日は土曜スタジオパークを見てから、渋谷へ行った。
スタジオパークでは来年大河の模様で、馬に乗る格好良い上川さんがうつったり、次回朝ドラの話が出たり(ベッシーを見せて〜!)、そして正月時代劇の「新選組!!〜土方歳三最期の一日」の撮影風景が映ったりした。

回想シーンの撮影だったようで、藤原竜也くんの沖田・10代の頃?が出てきたが、いやいや無茶苦茶可愛かった。撮影が20日とかテロップ出てたっけ?セクシーでワイルドな王次をその後に見たもので、役者って凄い…と痛感。
posted by 花梨 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『天保十二年のシェイクスピア』観劇

『天保十二年のシェイクスピア』観劇
(あらすじ・配役は上記リンク参照)

パンフは10月に舞台写真が入ってから買う予定なので、記憶が曖昧なところなど申し訳ない。
2002年のいのうえひでのり演出版は、かなりハマってリピートして観ました。上演が東京→大阪だったが、大阪も見ました。DVDももちろん購入済。なのでかなり比較してしまいます。
でも今回もとてもおもしろかった。満足度も高い。ただどこか物足りない気持ちが残るのは何故?(吉原の感想と似てるな。)

普通に、何も考えずに見に行って、おもしろいのはいのうえ版。初見のお客さんにも話が判りやすく演出しているし。
シェイクスピアの作品を浮かびあがらせているのは、さすがに蜷川版かな。大人でエロチックだったし。(いのうえさん、男女の情感とかはいま一歩だものな〜。)
とはいえ再観劇するので、また感じ方が変わるかも?

続きを読む(ネタバレ有)
posted by 花梨 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。