2005年09月24日

九月博多座大歌舞伎 その3

ゆっくり感想を書こうと思っていたが、人間の記憶というのはどんどん薄くなる。しかも明日も芝居だ。感想は勢いが大事!なので、とりあえず書き始めます。

昼の部『三人吉三巴白浪』
【序幕】
両国橋西川岸の場/大川端庚申塚の場
【二幕目】
割下水伝吉内の場/本所お竹蔵の場
【三幕目・大詰】
巣鴨吉祥院本堂の場/裏手墓地の場/元の本堂の場/本郷火の見櫓の場

何度か見ている芝居だけど、本当に筋がおもしろくて、大好きです。今回もとても楽しめました。
まぁ、お嬢とお坊の二人吉三という感じだったけど…。獅童さんも凄く熱演しているのだけど、やはりまだまだこの役は任が重かったかな〜という印象。
続きを読む(長いうえし、主観入りまくりです)
posted by 花梨 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。