2005年09月07日

ゲキ×シネ『SHIROH』追記

「再演してほしい。じゃないと私のはらいそはこないよ。」
本日突如ゲキ×シネ『SHIROH』を再観劇した友人からのメール。転載の許可は貰ってます。『SHIROH』にはまっている人は、皆同じ気持ちだと思うぞ!

上川隆也さんの四郎について追記。
私が彼の芝居であと感心したのは、「作り物の中のリアリテイ」をしっかりと感じたこと。上川さんの四郎は、神々しさを感じたし、「神よ…」と呼びかける言葉に、とても真摯な響きを感じました。
この辺は別所さんのバルジャンで私が一番ハマった所と共通。別所さんの神への呼びかけの言葉にも、同じことを思った。

上川さんの四郎の初登場場面は、後ろから強い光をあててるのだけど(正和さま登場みたいに)、コレ、暗に『天の御子』を示しているのかな…。その後すぐ「私は天の御子ではない!」の場面だけに余計に…。
悩める主人公というのも新感線としては画期的。悩む前に戦っちゃうからな、新感線ヒーローは。

私が引っかかっているポイントは「さんちゃご、四郎さま」。リオも寿庵も同じ言葉を唱えるのだけど、「さんちゃご」という言葉にこめられた、意図が知りたい。

それにしても新感線の芝居は音楽の入り方が格好良いな〜。過去のなんちゃってミュージカル系が、実は苦手だったのだけど、他の芝居等で台詞のあとにばーんと音楽が入ったりとか、非常に格好良い。
『SHIROH』は場面の曲の繋ぎ方が好き。一幕の「なぜに奪われし光」の入り方とか、「さんじゅあんの闇市(リプライズ)」の終わり方とか。牢獄の場面の入り方も格好良かったな。
posted by 花梨 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。