2005年09月04日

役者の覚悟

『SHIROH』のゲキ×シネ公式HPの上川隆也さんのコメントが凄く良い。

迷いがない。自分は良い仕事をしたという自負。そして自分のいたカンパニーへの自信と愛情。
『SHIROH』がここまで客の支持を集めているのは、この舞台に対して、関わっている人全員の「覚悟」や「思い」の強さが(芝居のテーマとも重なり)、私たち観客に伝わってくるからだと思う。

「血を流しながら遊びにきてます」

某若手歌舞伎役者の外部出演についての言葉。
昔は勘三郎さんにも、そういう空気を感じたものだが、今は野田さんとも串田さんとも「馴れ」が出てきている気がする。
posted by 花梨 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。