2005年08月22日

再び「モーツァルト!」(中川晃教バージョン)

「モーツァルト!」 帝国劇場

2002年に初演。2005年6月大阪より公演開始。7〜8月は東京・帝国劇場。
主演のヴォルフガングは井上芳雄、中川晃教のWキャスト。
7〜8月にかけて両キャストで観劇。今期最後を中川くんで観る。

日本版「モーツァルト!」はキャスティングが良い。(いや、ウィーン版とかCDでしか知らないんだけど。)
ヴォルフガングの父・レオポルトに市村正親。ヴォルフガングを支配しようとするコロレド大司教に山口祐一郎。
日本を代表する、また日本のミュージカル界を支え続けたスター二人に、ぶつかる若い才能の両ウォルフ(井上&中川)。
これだけでもう嬉しくなってしまう、というか芝居好きの魂に火がつくのだ!

初演を観ていない、実は。
体調を悪くしていたりと、芝居を余り見てない期間が半年ほどあり、まさにその時期の上演だったのと、「エリザベート」を一度見て、余り好きでは無かったので敬遠してしまいました。(でも今はエリザ再観劇したい…。)

今更ながら初演を見なかったことを激しく後悔!
そして本当に本当に今更だがあえて叫ぶ。
「中川晃教くんを初演で抜擢した、すべての関係者に大賛辞!」

もちろん井上くんも素晴らしいのだけど、「モーツァルト!」初演時はミュージカルファンには知られている俳優さんだったし、納得のいくキャスティング。
対する中川くんは初舞台。調べたら歌手としてのデビューは2001年。それをこんな大作でいきなり主演。よくこんな大冒険をしたものだ。

結果はご承知の通り。大成功で数々の演劇関係の賞を獲得。その後も大活躍中。
いやいや、このいう時こそ、演劇の神様って本当にいるんだな、と思ってしまう。
(藤原竜也が「身毒丸」でデビューした時も、同じことを感じた。)

前置きが長くなった。舞台の感想。かなりネタバレ。「ナインTHE MUSICAL」の内容までネタバレ。

舞台の感想。かなりネタバレ。
posted by 花梨 at 17:49| Comment(2) | TrackBack(2) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。