2005年08月05日

「美貌の青空」と「THE LAST 5 YEARS」

明日、というか今日、「美貌の青空」「THE LAST 5 YEARS」を再観劇しようと思っていたのだけど、明日定時退勤が出来そうもなく、どちらも都内からはやや遠く、開演に間に合わないので、観劇を諦めることにした。

この二つの芝居を並べてみて、ちょっと思うことを書いてみる。今年は段治郎さんが加わったけど、昨年の朗読劇は右近さんと春猿さんの二人。「THE LAST 5 YEARS」も山本耕史くん、Naoさんの二人芝居。役も男と女。かたや朗読劇、かたや全面歌のミュージカル。二人の出演者でどう見せるかというのがポイント。

自分の結論から言うと、「上手い役者」で「シンプル」に見せるのが好きかな。あと照明の果たす役割の大きさ。

リーディングドラマについては、去年の二人でシンプルにという構成の方が、個人的には好み。今年ももちろんおもしろかったけど。(「美貌の青空」については、後日ちゃんと感想書きます。)

「THE LAST 5 YEARS」は鈴木勝秀さんの演出。スズカツさんの演出なのでシンプルにいくかな?と思ってたら、案外映像とか色々使っていた。うーん…、曲も凄く良いし、何より山本耕史くんが凄く力のある俳優さんだから、余り説明過多にしなくても、と思う。共演のNaoさんが初舞台なので、そのフォローの演出なのかしら。(正直初舞台の人には難易度高い舞台でした。)

こういう舞台だと、役者さんの「伝える力」というのは、本当に凄いものだと改めて思った。どちらももう一度観たい舞台でした。

照明、どちらも素敵でした。「美貌の青空」は照明がどなたか判らず。L5Yは原田保さん。新感線のイメージが私は強いのだけど(アカドクロのかっちょいい照明が忘れられない)、蜷川さんの作品でもお馴染みの方。十二夜の照明もでした。(今日はじめて気が付いた。)

今更ながら「THE LAST 5 YEARS」感想
posted by 花梨 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

リーディング・スペクタクル「美貌の青空 チェ・ゲバラ、魂の錬金術」

リーディング・スペクタクル「美貌の青空 チェ・ゲバラ、魂の錬金術」 Zepp Tokyo

うつくしい台詞に聞き入っているうちに、あっという間に時間は過ぎていきました。
特に市川春猿さん、姿も声も本当に美しい。昨年もその美しい声からうまれる豊な表現力に感嘆したけれど、今年もなお一層の素晴らしさでした。

ご興味ある方、e+で得チケ出てます。得チケはあとは金曜のみです。

帰宅が遅かったので本日はこれまで。

感想追記
posted by 花梨 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

十二夜における蜷川さんの仕事とは?

自分は年に一本蜷川さんの芝居を見るか見ないかの人間です。でもそんな私でも「何か蜷川さん違わない?」というのは感じました。
そもそもセット転換があんなにある芝居を、少なくともここ2、3年自分が見た限りでは蜷川さんはやっていないと思う。

蜷川さんのシェイクスピア劇だと、自分が最近見たのは昨年12月の「ロミオとジュリエット」なのだけど、藤原竜也と鈴木杏が、舞台を縦横無尽に動き、時には客席にも降り、自分たちの肉体と声を自在に使って、シェイクスピア世界を表現してました。大幅なセット転換は無し。いたってシンプル。
結局舞台に上がっている役者をとことん信用し、また信用に足りる役者であり、それだけの稽古を演出家としておこなってきたのでしょう。

で、今回の十二夜なのだけど、一幕はやたら転換ばかり。役者は動かず、立って台詞を言うばかり。肉体を全然使っていない。

私にはこの演出の意図がさっぱり判らない。実際つまらなかったし。ついでに二幕冒頭獅子丸の踊りも意味不明。ここで踊りを入れるから、獅子丸の切ない恋心をアピールするとか、もっと効果的な使い方があるでしょう?(琵琶姫の恋、最後まで伝わりにくかった。)
二幕二場、中庭の辺りから、ようやくおもしろくなってきて、一幕とは一転、シンプルになったセットが生きていた。

自慢の鏡も結局芝居全体からみた位置づけが判らない。鏡、舞台、いっぱいの桜の木(阿修羅城にもあったな。)、船、早変わりと、よくもここまでスーパーの手法を揃えたというくらいのオンパレード。これがまた使い方にオリジナリティが無いから、本当に陳腐。

良かったのは時蔵さん。織笛姫(名前の付け方は凄いセンスある。)「ちょっと天然?でも可愛い女」で素敵でした。
posted by 花梨 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

7月のあれこれ

昨日歌舞伎座から帰り、飲みながら十二夜の感想を書いていたら、誤字脱字・文章メチャクチャ。後ほど修正し、演出面その他思うことをまたつらつら書いてこうと思います。
7月の他の芝居の感想も色々書きたいのだけど…。「THE LAST 5 YEARS」や「モーツァルト!」を見て、若々しいミュージカル俳優の才能に驚嘆したこととか。七月国立劇場歌舞伎鑑賞教室を見て、猿之助さんの過去の仕事の成果が見事結集されたことに感動したこととか。
そして今の所自分の今年のベスト芝居!「ナインTHE MUSICAL」のこととか!!
8月は余り観劇予定が無いので、この辺をゆっくりと書く予定。
posted by 花梨 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。